ランドセルの始まり

江戸時代に使用されていた軍隊用の背のうがルーツと言われています。今でいう「リックサック」のようなものです。元々は使用人に教科書や学校の荷物をもたせたり、馬車で登校したりしていましたが「学校の荷物は子供が持つべき」という世間の流れになり、背負っても両手が空いている背のが選ばれたそうです。

元々の語源はオランダ語

ランドセルの語源って知っている方は少ないかもしれません。元々がオランダ語の「ランセル」という言葉が訛ってランドセルになったそうです。ランセルとはオランダ語で「リックサック」を意味する言葉です。それではそのランドセルについて知識を深めていきましょう。

先輩ママに聞くランドセル選ぶポイント!

買う時は子供の意見もちゃんと聞く!

うちの母が入学式にランドセルをプレゼントすると言ってくれたので、お願いすると赤色で縁取りされた黒のランドセルが届きました。離れているおばあちゃんからのプレゼントということで喜んでいましたが、私の子供は真っ黒が欲しかったようです。私は母に連絡して商品交換してもらい、今は真っ黒のランドセルを背負っています。購入するときは子供の意見もちゃんと聞いておくと、こんなことは起きません。今から購入する人は気をつけて下さい。

価格だけで選ばないで!

ネットでランドセルを調べたら軽くて安いランドセルを発見しました。どうせ6年間だけなのでと思って、何も考えずに値段で決めました。かなり安いものだったのでお得感もありましたが、子供が入学して年の夏に肩ベルトが付け根からちぎれてしまいました。だから新しいのを買い替えました。それから4年経ちましたが、壊れることも無いです。ママ友にも安さで選んで失敗している方もいたので、6年間しっかり愛用できるランドセルを選んでください。

ランドセル購入する時のチェックは怠らない!

洋服も買う時にほつれがないか確認するのと一緒で、ランドセルも縫い目や肩ベルトの接合部分などしっかり見ておきましょう。少しでもほつれがあるなら要注意です。でもオーダーメイドなら丁寧に縫っているので安心です。質の良いランドセルを選びたいならオーダーメイドランドセルもありですよ。

ランドセルをプレゼントするまでの手順!

子供の好みの色やデザインを確認する。

両親、祖父母または友人からランドセルプレゼントする場合、最初に行うのが子供の好みを知ることです。どんな色が良いのか、どんなデザインが好きなのか事前に調べておくことが大事です。オーダーメイドで作成することもできるため、最初から子供と一緒に選ぶのも良いですよ。

ランドセルの色やデザインを決める

好きなデザインや色が決まったら、ランドセルの軽さや素材など特徴で調べましょう。女の子ならカラーバリエーションが豊富で軽い合成皮革にしたり、男の子なら耐久性が強い天然皮革にしたりすると良いでしょう。

ランドセルの機能で選ぶ

ランドセルの機能として、着目すべきポイントは背負った時に背中が蒸れないような構造と肩ベルトの可動域です。毎日重い教科書を背負うため少しでも子供の負担を軽減させるようにしてください。

店舗で実際に背負ってみて確認

実際に店舗で購入する際は店舗で背負って確認するのがベストです。その時に子供に背負ってみた感想を聞きましょう。しかしネットで購入する場合は背負うことが出来ないのでクチコミ情報などを参考にしましょう。

プレゼントする

いよいよプレゼントの日です。ココでの注意点があります。初めてのランドセルですごく嬉しい気持ちはわかりますが興奮して汚したり傷を付けてしまうと子供もプレゼント側もショックでしょう。なのでリビングのような広い場所で背負わせましょう。ランドセルを背負ってはしゃいでいる姿を見ると嬉しいですよね。あとが入学式はで大切に保管しておいてください。

ランドセルの安全性って?

キッズ

転倒時に頭を守ってくれる

雨が多い梅雨時期に多く見られるのが転倒して頭を強打してケガをするケースです。雨以外にも下り坂や凍結した道で転倒することがあります。特に注意するのが後ろ向きに転倒した時です。前向きより後ろ向きの方が何の抵抗も出来ずにそのままゴツンと頭をぶつけてしまいます。しかし、ランドセルにはその後ろ向き転倒を防止する安全性を備えています。ランドセルの厚さが後頭部を守ってくれるのです。

防犯にも繋がる

ランドセルは、教科書などを多く収納することができるので、それなりの重さと大きさがあります。そのため、誘拐犯などが子どもを誘拐する際にランドセルは犯人の邪魔をしてくれるのです。このような理由から、ランドセルを毎日使うことによって犯罪に巻き込まれることなく生活することができるのです。

コレだけは守って欲しい注意点

こんなにメリットがあるランドセルですが、お子様には絶対にランドセルを背負ったままジャングルジムやブランコなど、公園の遊具で遊ばないように教えましょう。安全性の高いランドセルが、思わぬ場面で生死に関わることになる場合があります。ですので、遊ぶ時はランドセルをおろしてから遊ぶようにお子様に教えてください。

ランドセルの今さら聞けない質問

ランドセルを選ぶポイントが知りたい!

一般的には軽さを価格、色ですね。ですが6年間愛用する物なので、一番は子供の好きなものが良いでしょう。ですが縫い目や金具部分をしっかり確認することはとっても必要となりますよ。

重さの基準が知りたい

ランドセルの重さの基準としては1kg~1.5kgと言われています。しかし教科書の重さは100g前後なので、背負った時の重さはさほど大きく変化を感じないでしょう。

女の子に人気のカラーは?

女の子のランドセルでダントツ1位がビビットピンクです。2位から赤やこげ茶色が選ばれていますよ。選ぶポイントは6年間の使用を考えてから色を選ぶことですよ。

手入れ方法が知りたい

ランドセルの素材によって異なって来ますが、基本的には濡れた布で拭いた後は乾拭きをします。その後は日陰に干すだけです。専用のクリーナーなども販売しているので汚れがヒドいなら使用してみて下さい。

修理出来るのか?

各メーカーや店舗によってランドセル修理を受付可能なのか変わります。もし修理を依頼する場合は必ず代わりのランドセルがあるのか確認しておきましょう。中には無いところもあるので注意してください。

ランドセルについて

小学生

オーダーメイドランドセル

オーダーメイドランドセルが今人気を上げています。子供の好きなデザインや色を使って自分だけのランドセルを作成出来るからです。そんな魅力のあるオーダーメイドランドセルについてココで詳しく紹介していますよ。

READ MORE
子供

ランドセルを選ぶポイント

ランドセルを選ぶポイントは様々、多くの方が一番悩むところになります。しかしポイントをしっかり抑えておけば、迷うことなく子供に合ったランドセルを購入することができます。詳しくはココからチェックしてください。

READ MORE
広告募集中